toricago

lifehack & technology

スマート体重計Withings Body Cardioで気軽に緩やかに楽しくダイエットしちゃうよ

数ヶ月前にスマート体重計Withingsを購入した。Withingsとは2008年にフランスで創業されたベンチャー企業であるが、のちにノキアにより買収され、今年中にはノキアに統合される予定とのことである。最初のプロダクトがスマート体重計であったが、その後は血…

激動の時代を生き抜くサバイバルサーファーになるために

一昨日発売されたばかりの『3年後に結果を出すための最速成長』(著:赤羽雄二さん)を読んでみた。面白かったのでレビューをアップするぜ。本書は、「未来予測」+「キャリア構築」を絶妙にブレンドした面白い本になっている。一見、ありふれたテーマである…

初心者が『鬼速PDCA』を実践に移した半年間を詳細に振り返る

『鬼速PDCA』を実践し始めてから、早くも半年以上が経過した。2016年10月24日に発売されたビジネス書であるが、発売日前日から本屋でゲットして読み込み、「コレはSUGEE!」と思い、それ以降は本に書いてあることに沿って半年間の月日を過ごしてきた。PしてD…

アイデア大全フェスティバルの開幕だぜ!

数ヶ月前に、ライフハッカー仲間から『アイデア大全』(著:読書猿さん)が良いと勧められたので買って読んでみたのだが、コレが良いというどころではなく、非常に良いのである。内容は「いかにアイデアを生み出すか?」ということに焦点を当て、そのための…

タイム管理アプリTogglの蓄積データをAPI取得し、Pythonで分析する話

タイムマネジメントは仕事をする上で欠かせないスキルの一つである。仕事だけではなく、限られたプライベートの時間を満喫するためにも威力を発揮する。だが、自分が何にどれぐらいの時間を投入しているのかというのは、意識的に計測し、定期的に振り返らな…

鬼速PDCAフェスティバルの閉幕だぜ!

ついに本日、鬼速PDCAフェスティバル(鬼フェス)が閉幕する。鬼フェスとは、大ヒットビジネス書『鬼速PDCA』を皆で実践していくための、2週間にわたるネット上のお祭りである。2017年2月18日から3月7日までこのブログで、毎日、『鬼速PDCA』関連の屋台(記…

10年後、『鬼速PDCA』はコモディティ化するか?

去年の10月末に『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)を読んでから、PDCAを回してきて4ヶ月。ブログでも、数多くの『鬼速PDCA』関連記事を公開してきた。でも、そもそもなぜ私は、こんなにPDCAのスキルアップを目指しているのか。なぜPDCAを習得しなければならい…

『鬼速PDCA』で達成したこと、まだ達成できていないことを正直に告白してみる

『鬼速PDCA』を読んでから、早くも4ヶ月が経過した。本の内容を色々と実践し、『鬼速PDCA』関連の記事をたくさんブログでも公開してきた。振り返ってみると、できるようになったこともあれば、まだできていないこともある。今回の記事では、『鬼速PDCA』の…

習慣を鬼速で身につける『鬼速PDCA』ルーチンチェックシートの使い方

『鬼速PDCA』というのは、御存知の通り、高速を超える鬼速でPDCAを回すためのビジネス書である。中心となるノウハウはPDCAであるのだが、それを支える話として、「ルーチンチェックシート」というものが紹介されている。今日はその話をしたい。 ちなみに、メ…

『鬼速PDCA』と『7つの習慣』マトリックスの組み合わせ技を紹介するぜ!

今回は鬼速でPDCAを回すために欠かせない、タイムマネジメントの話をしよう。これはベストセラー『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)では実行(DO)の応用編として紹介されているので、基本編に慣れてきた段階で取り組むのが良いかもしれない。私もまだまだタイ…

『鬼速PDCA』のリミッター外しを本気で実践してみる

さすがに前置きは必要なくなってきたかもしれないが、『鬼速PDCA』とは、現在ONI-SPEEDで売れているビジネス書だ。内容はタイトルの通り、ビジネスパーソンに必要なPDCAを高速を上回る鬼速で回すノウハウを解説した本である。 そして、今回は、その本に出て…

『大富豪が実践しているお金の哲学』で『鬼速PDCA』を加速する

『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)は、その純白な表紙カバーに、丸っこい字で「鬼速PDCA」と書いてあるのが特徴的だ。鬼のように速いPDCAと言われると、なんだか怖い気持ちになってしまうが、このかわいいフォントと落ち着く色合いでバランスが取れ「自分に…

『鬼速PDCA』を読んでBMWの購入を諦めた話

『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)というのは、昨年11月からONISOKUで売れ続けている大ヒットビジネス書である。昨今の生産性ブームと相まってPDCAに注目が集まっているのかもしれない。 さて、その中で、高級車のBMWについて面白い話が出てくるので、今日は…

なぜここまで1冊の本『鬼速PDCA』にこだわるのか?

『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)というのは、御存知の通り、現在鬼のように売れているPDCAに関する仕事術本である。そしてこのブログでは、これまでに10記事以上、同じ本『鬼速PDCA』の記事を公開してきた。さらに明日以降も、しばらくは『鬼速PDCA』の記…

『鬼速PDCA』を読んだ結果、頭がスキンヘッドになりそうになった話

2017年の目標、もしくは2017年度の目標は、皆さんそれぞれ、色々あると思う。私も目標がいくつかあるが、絶対に達成したいことの一つが『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)という本を隅々まで実践し、このPDCAのDNAを体の中に染み込ませることである。 「鬼の…

『鬼速PDCA』と「なるほどシート」はPDCAコインの両面である

『鬼速PDCA』では、最初にゴールを設定し、それを定量化し(KGI)、ゴールと自分の現在地のギャップを埋める課題を最小単位まで因数分解して導き出す。さらには課題をKPI化し、KPIを達成する解決案を考える。これがPDCAのP。実行段階(PDCAのD)では、解決案…

最初から挫折した私でもできた『鬼速PDCA』活用法

今日も鬼フェスですね。そして、今日は特別編!私のライフハッカー仲間のnhpdcabqさんに屋台を出店(記事を執筆)してもらいました!「『鬼速PDCA』で挫折してしまったら…?」というテーマですが、これは多くの人が気になっているはずです。 ということで、…

平穏なリラックスした日々を過ごしたい人にこそ『鬼速PDCA』

『鬼速PDCA』の果実と費用の関係 『鬼速PDCA』という言葉を聞いて、どのような感想を持つだろうか?人によっては、 ストレス溜まりそう 色々と疲れそう もっとリラックスした平穏な日々を過ごしたい のような第一印象を受ける人もいるのではないだろうか。私…

鬼速PDCAフェスティバルの開幕だぜ!

本日からついに、鬼速PDCAフェスティバルの開幕だ。 フェスティバルの前に、『鬼速PDCA』について説明しよう。『鬼速PDCA』とはそろそろ10万部を突破するのではないかという勢いで売れている鬼ヒット本だ。最近はどこの本屋さんに行っても平積みになっている…

『鬼速PDCA』講演会の参加報告だぜ!

『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)というビジネス書がある。このブログでも何回か『鬼速PDCA』について記事を書いてきた。かなり売れているようで、先日8万部を突破したとか。私の今年の目標の一つが、この『鬼速PDCA』を身につけることなのである。 『鬼速P…

凡人がイーロンマスク風に週100時間働くのは可能か?検証してみた!

「週に100時間労働」という話を時々、耳にする。これはいくつかの文脈があるが、一つは外資系金融・コンサル業務に従事しているケースだ。朝は9時から働き始め、投資案件の分析、財務コンサルティング、売却企業の業界リサーチなどに追われ、深夜の2時まで働…

1万枚のゼロ秒思考メモで生み出した保管と振り返りの技術

このブログでは、ライフハッカーの必須技術と私が勝手に位置づけている『ゼロ秒思考』(著:赤羽雄二さん)について色々と紹介してきた。これはメモ魔のためのメモ書き方法の一つなのだが、今まで4つほど記事を公開してきた。海外の人にもゼロ秒思考メモの…

今年こそランナーになるためのウェア、ガジェット、アプリ、本

そういえば、ランニングのコツやノウハウ、お勧めアイテムを紹介していなかったので、この記事でまとめておきたい。以前はスポーツジムのヘビーユーザーだったが、ジムはジムまで往復する時間がもったいない。ランニングは家を出たその瞬間から走り出すこと…

1000個のライフハックからお勧めの7つを厳選紹介する〜あけおめ特別号〜

先日、オンラインで運営しているライフハックなるほど共有会が1000個のノウハウを突破した。そこで1000個を突破した記念として、また「あけおめ特別号」として、特別に私が共有会に投稿したお勧めの7つのノウハウを公開しよう。日常をさらに快適にするノウハ…

仕事や人生の工夫が楽しくなる「なるほどシート」の使い方〜ノウハウ1000個突破!〜

さて、なるほど共有会に参加している人数も多くなり、投稿されている「ライフハック」や「なるほど」の数が1000を超えたので、ここでなるほど共有会を別記事としてまとめておきたい。 なるほど共有会とは? 2016年11月から開始した、オンラインでのライフハ…

なぜデキる人は情報収集をほとんどしないのか?

さて、新しい一日の始まりだ。今日も攻めの姿勢で頑張っていきたい。朝食と出来たてのコーヒーを飲みながら朝の経済ニュース番組を熱心に見る。そうか、昨日の欧米ではこんなことがあったのね。短時間で色々なニュースを知ることができ、満足した気持ちで家…

初心者が『鬼速PDCA』を実践に移した1ヶ月間を詳細に振り返る

さて、多くの本屋さんで大ヒット中のビジネス書、『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)を発売直後に購入してから、1ヶ月以上が経過した。本を読んだあとに、「1ヶ月程度の小規模なPDCA」を試しに立ててみて、それを実行し、週次で振り返ることを繰り返してきた…

何年たっても新年の目標を完遂できない人のための、2017年こそ爆走する新年力の鍛え方

ときは2017年1月1日午前7時。新年。そうかそうか、ついに2017年か。ヒエ〜良い響きだぜ。新しい一年が始まった。楽しい年越しの影響により若干寝不足だが、無事に早起きも達成できた。幸先の良いスタートを切れたぜ。静かな朝の2〜3時間ほどを使って、Torica…

タイムマネジメントを極めるための、タイムログアプリの極め方

どうも、『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)にドハマリ中のToricagoだぜ! この本の主題はPDCAなのだが、ライフハック術、メンタルやモチベーション維持、部下のマネジメントなど、色々なヒントが得られる良書である。その中でも、時間管理術である「タイムマ…

初心者が『鬼速PDCA』を実践に移した7日間を詳細に振り返る

さて、『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)を読んでから早くも一週間が経過。記念すべき、最初のPDCAをワンサイクル分、回すことができた。本の中に書いてあったことで実践できたこともあれば、できなかったこともあるし、やってみて初めて気づくことも多かっ…

『鬼速PDCA』を読んで、鬼速で実践してみたことの一覧

先日読んだPDCAの本、『鬼速PDCA』(著:冨田和成さん)の内容が非常に良かったので、来年の課題図書に設定した。私にとっての課題図書とは、本の隅々まで読んですべて身につけることを目指す本のことである。まだ2016年だが、早速本の方法に従って計画(P)…

新刊『鬼速PDCA』を鬼速でレビューするぜ!

はじめに なぜ、読もうと思ったのか? 著者紹介を本より引用してみる なぜいまさらPDCA? PとCの難しさ どのぐらいお勧めなのか? これから自分をどう変えていくのか? 鬼フェスのお知らせ はじめに 非常に楽しみにしていたビジネス書『鬼速PDCA』(著:冨田…

そろそろ本腰入れとく!?音声認識によるランニング仕事術

はじめに 今年の上旬に野口悠紀雄さんの『話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!』(以後、「野口本」)や、慎泰俊さんの『ランニング思考──本州縦断マラソン1648kmを走って学んだこと』を読んで、「ランニング中にも仕事をする」という人が…

『Re:ゼロから始める異世界生活』で鍛えるリゼロ思考

<今回の目次> はじめに ペテルギウスですっっ! 私たちはいつペテルギウスになってもおかしくない 困難な局面で息切れしないために 笑って明日の話をする勇気 「幸せは口にしてはいけない」という価値観について Toricagoの突破に必要なのは、他者の視点 …

ダラダラと情報収集してしまう人のための、早食い情報収集術

はじめに Google Chromeのコツ 最低限、使いこなすべきショートカット グーグル検索を2倍速にする小ワザ Vimiumのコツ マウスレスを実現する、Vimiumの使い方 Vimiumの注意点 非エンジニアにもエディタを勧める 単語登録のコツ QAサービスのコツ 一般的な質…

豆腐メンタルをカチコチにする冷凍術

豆腐メンタル。悪口を言われると不安になる。怒鳴られると萎縮する。他の人の顔色をいつも伺ってしまう。落ち込むと、家に帰ってベッドの中に身を隠したい気持ちになる。自信もなくなり、劣等感も強化される。今までブログで紹介してきた数々の仕事術のこと…

週に5分やるだけで会話力が高まる、ラクチン人物メモ術

<今回の目次> 美容師との会話から生まれた人物メモ術 なぜ、私達は人物メモを取らないといけないのか? 人物メモを取るとどういう効果があるのか? Toricago式 人物メモ術 メモを取る内容 メモを取るタイミング 誰のメモを書くのか? ファイルの管理方法 …

いつまでたっても前倒しできない人のための、前倒し筋の鍛え方

<今回の目次> なぜ前倒しすべきなのか? 前倒しできれば、仕事の質がピカピカになる なぜいつまでたっても前倒しできないのか? なぜ実際に前倒ししようとしても、前に倒れないのか? 前倒しは小さいことから始める 前倒しオタクへ 前倒しの筋力を鍛えるコ…

ゼロ秒思考マニアが紹介する、勉強しながらメモを書くコツ

<今回の目次> はじめに メモ書きと勉強という最強の組み合わせ どうやって勉強しながらメモを書くのか? 勉強メモのコツ なぜメモ書きと勉強を組み合わせると上手くいくのか? 新たな概念や知識を習得することの難しさ 終わりに はじめに 今回は、ゼロ秒思…

映画『君の名は。』から見えてくる、面白い映画レビューをサクッと書く技術

※本ブログ記事では、映画『君の名は。』公式ビジュアルガイド『君の名は。』のネタバレを含みます。ご注意ください。 先日、映画『君の名は。』を観てきたので、このブログでそのレビュー記事を4つ公開した。私自身、映画をたくさん観ている映画通でもなけれ…

映画『君の名は。』の登場人物をベンチャー企業に例えてみる

※本ブログ記事は、映画『君の名は。』および、小説『君の名は。』のネタバレを含む可能性があります。ご注意ください。 映画『君の名は。』を2回も劇場で鑑賞し、小説も読み終わった。 この物語は最初から最後まで面白いので、どこを取り上げてもブログ記事…

爆走仕事術〜文字通り運動しながら仕事する〜

健康に気を遣うビジネスパーソンの多くがジムに通ったり、家の周りをランニングしたりしていると思う。私も週に4〜5回は運動をすることが習慣になっている。運動は素晴らしい。オフィスで鈍った体がほぐれる。体内時計が調整される。夜の寝付きが良くなる。…

映画『君の名は。』の脇役テッシーに学ぶ、最強の突破力

※本ブログ記事は、映画『君の名は。』および小説『君の名は。』のネタバレを含みます。ご注意ください。 映画『君の名は。』を2回も観てしまった。そして先日、小説版も読み終わった。心境としては、劇場で初めて観た時の興奮・熱量・感動のスパイクが一巡し…

映画『君の名は。』の心震える瞬間を、もう一度だけ

前回の記事では、新海誠監督の新作『君の名は。』の感想を書いた。今回の記事では、感想というレベルからもう一歩踏み込むことで、『君の名は。』を観た私たちはこの感動を抱えて、いったいどこへ向かえば良いのか?ということを考えていきたい。今回もネタ…

映画『君の名は。』に奪われた心を、取り戻しに行く

映画『君の名は。』は人生で最も良い映画だった。映画を見てからは、しばらく放心状態。もう何も考えられない。とりあえず、考えていることを書き出してみようと思っても、まともな言葉が出てこない。映画に心を奪われてしまったような状態だ。だからと言っ…

何度も挫折したけど、やっと瞑想を習慣化できた話

最近、瞑想が流行っている。本屋でも良く瞑想の本を見かけるし、米国大手企業が続々と社員教育に取り入れているぞ、と煽るような記事もビジネス雑誌などでよく見かける。ずっと気になっていて、何度か試してみたが、習慣化できずに挫折。でも、今回はめでた…

ゼロ秒思考マニアが紹介する、メモを何が何でも1分で書くコツ

ゼロ秒思考とは何か? 昨日に続いてゼロ秒思考の記事である。ゼロ秒思考とは、2013年12月に発売された『ゼロ秒思考』(著:赤羽雄二さん)というビジネス書で紹介されているメモ書き手法および、それによって達成される思考スピードのことだ。 これは、「A4…

ゼロ秒思考メモを書きまくる!〜考えずに書き続けるコツ〜

ゼロ秒思考とは? ゼロ秒思考とは、2013年12月に発売された『ゼロ秒思考』(著:赤羽雄二さん)というビジネス書で紹介されているメモ書き手法および、それによって達成される思考スピードのことだ。 これは、「A4の紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字を…

コンビニやスーパーの買い物が速くなる時短術

今回は、スーパーやコンビニなど、日々の買い物で使える時短術を紹介していこう。メールを素早く返信したり、部下を鍛えたり、英語力を向上させることと比べたら、「なんて子供じみた話なんだ」「スーパーやコンビニで1、2分節約したところでなぁ」と思わ…

土日の自習場所はベンチャーシェアオフィスで決まりだ!

私たちライフハッカーは土日祝日も、資格取得やビジネススキル向上、ブログ記事の執筆、平日に裁ききれなかった仕事、教養を身につけるための読書などで大忙しだ。そんなときに重要となるのが、「どこで自習するのか?」ということである。 私たちは自習室難…