toricago

Am I in a cage?

ゼロ秒思考マニアが紹介する、メモを何が何でも1分で書くコツ

ゼロ秒思考とは何か?

 昨日に続いてゼロ秒思考の記事である。ゼロ秒思考とは、2013年12月に発売された『ゼロ秒思考』(著:赤羽雄二さん)というビジネス書で紹介されているメモ書き手法および、それによって達成される思考スピードのことだ。
 これは、「A4の紙に1件1ページ、4~6行、各20~30字を書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。朝起きてから寝るまでの間、1日に10ページ書く。」という非常に簡単なルールに基づくメモ書きの方法だ。効果はすぐに感じることが出来るので、非常に人気の高いメモ書き手法の一つとなっている。全国にマニアが存在し、私もその一人だ。
 頭が整理されて新しいアイディアが出たり理解が深まったり、不安や焦りを和らげたり、ポジティブになって自信が付くなど、色々と嬉しい効果が出る。でも、普通に、なんとなくメモ書きをするだけだと、そのような効果を少ししか実感できないかもしれない。それでも充分に役に立つが、期待された効果をフルに発揮する上で重要なことは、昨日紹介した「ペンを動かし続ける」ということはもちろん重要であるが、それに加えて、時間制限を何が何でも守ろうとする心構えが重要になるのだ。「1ページ1分」を目指して書き続ける。何が何でも1分。これが今回話していきたいテーマである。

<今回の目次>

どうすればゼロ秒思考メモを1分で書けるようになるのか?

 日記を書いたり、紙にメモを書くことで頭が整理されたりすることは多くの人が実感していると思うので、ゼロ秒思考のメモ書き方法の話を聞いても、「それなら俺も知っている。俺もよくメモを書いているぞ」と思われる方もいるかもしれない。しかし、ゼロ秒思考と他のメモ書き手法の違いは、恐らく時間制限があるかどうか、という点が特徴だと思う。こう説明すると、「俺は思う存分、時間など気にせずに書きたい」という声をもらうことが多いが、ゼロ秒思考では次々とメモを書くので、思う存分書くことには変わりはない。
 ゼロ秒思考でも、時間制限をつけずに書いてもある程度の効果は出るのだが、やはり時間制限をつけると、脳に負荷がかかり、考えたいことに集中することができ、自分で考えたとは思えないようなアイディアが次々と出てきたり、意外な解決策が見えてきたりするのだ。
 でも、実際に書いたことのある人は分かると思うが、この1分という制限は非常にハードルが高い。そこで今回は、どのようにこの時間制限でメモを書いていけば良いのかと言うことについて幾つかのコツを紹介していこう。

ゼロペンを使う

 ゼロ秒思考用のアイテムを幾つか揃えないといけない。そのうちの一つが『ゼロ秒思考』の本の中で紹介されている「パイロット 水性ボールペン Vコーン」というペンだ。私はこれを勝手にゼロペンと呼んでいる。
 これはサインペンであるので、滑らかにスラスラと書ける。一度使い出すと昔のペンには戻れない。ただ、インクが出やすい構造になっているので、普段使いには字が太くなりすぎるかもしれない。とにかく、メモ書きではこれを使うことがスピードアップの第一歩になるぞ。

ゼロペンの角度に気をつける

 ゼロペンを使うとスラスラと文字を書けるので、気持ちが良い。そして、書くときに発生する摩擦音も気持ちが良い。
 と思うが、これは落とし穴。摩擦音が大きいほど書くエネルギーが増えている。これでスピードが落ちているので、摩擦は押さえたいのだ。例えでいれば、ブラインドタッチができるようになったばかりの人は大袈裟にキーボードを打ち、自分のタイピング音に酔う。ゼロ秒思考でも速く書けるようになると結構嬉しいので、その音も快感になるのだが、これは意識を改めて、摩擦を少なくし、少しでも速く書けるように工夫を続けなければならないのだ。
 その一つの方法が、ゼロペンを立てて書く。寝かせて書くと、摩擦が大きくなるのだ。慣れるまでに少し時間がかかるが、手も疲れないし、メモ書きも速くなる。

ゼロペンに力を入れすぎない

 私はゼロ秒思考のメモ書きを始めた当初は、かなり力を入れていた。速く書かなきゃと焦ると、指にも力が入ってしまう。そうすると実際には少し速く書けるようになるのだが、摩擦も大きいし指への負担も大きい。私は中指の骨が痛くなり、しばらくメモ書きが出来なくなった時期がある。
 フォーム矯正や力を抜くスタイルが確立するまでは、中指にバンドエードを巻いておくのがお勧めだ。これによりメモ書きの圧力が多少は吸収されて、中指が楽になる。

日付スタンプを使う

 日付スタンプとは、コレのことである。これにより5秒程度短縮される。なぜなら日付は2016−08−11というように、10文字程度と長いのだ。スタンプに切り替えると、僅かではあるが時間節約になるし、指への負担も減る。私の場合は、これを家に置いている。会社でもメモをたくさん書くが、スタンプを押したときの音が結構大きいので、周囲の人たちへの配慮として使っていない。カフェなどでメモを書く場合は、仕方ないので日付は手書きになる。

タイマーで測る

 「最近、速く書けるようになってきた」と思っても、タイマーを卒業してはいけない。使わなくなると、気付けばまた1枚あたり2〜3分をかけてしまうようになる。タイマーの緊張感は常にないといけない。これは例えで言えば、仕事に慣れてきたからといって、仕事の締め切りを取っ払ってしまうと、仕事での張りが失われて元のスピードに戻ってしまうようなことである。
 タイマーを用意したり、アプリを起動するための時間も最小化しておきたい。アプリを起動しやすい位置に設置したり、いくつかのアプリを試してみることも重要だ。私はIntervalTimerというものを使っていて、機能的に結構便利だが、広告が途中で入るのでベストではない気がしている。PCが目の前にある状況であれば、ChromeのExtensionである「Timer」を使うこともある。
 最近はなるべく音声認識を使うように意識しているので、「Hey Siri, タイマーを10分にセットして」と言うだけでカウントダウンが始まる。これでその日の10枚をがんがん書き始められる。
 ちなみに、1分以内で書くというのは相当の上級者だと思う。私は未だに達成できない。最初は1分半、恒常的に達成できるようになれば5秒減らす、というのを続けると良い。私は1分15秒程度で止まってしまっているが、1分以内を恒常的に達成している人がいれば、是非そのコツを教えてもらいたい。

文章の長さは短すぎず、長すぎず

 自分の文章の文字数を数えなくても、目視でだいたい分かるようになっておきたい。文字数の感覚が良くわからない人は、自分のメモ書きを数枚見返して、実際に数えてみると良い。数枚やるだけで、感覚がわかってくるので、面倒がらずにやるべきである。
 感覚がつかめてきたら、長すぎず短すぎない文章を心がけると良い。公式には4行〜6行で、各行20〜30文字となっているが、1分を目指すのであれば、1枚あたり4行にする。5行以上書くと1分半以上かかってしまうことが多い。4行だと起承転結で一つのメッセージを書くには充分だ。「6〜8行書きたい」という気持ちがあれば、それはたぶん、メッセージが二つ以上含まれているので、途中で2枚目に切り替えると良い。1つの文に30文字以上入っていると、それは恐らく二つの文に分割できるはず。A4の右側まで手が進めば、そこで改行して新たに文章を始めるのが理想だ。

単語登録を手書きのメモに応用する

(ココは若干マニアックなテクになるので、読み飛ばして頂いても構わない。)
 以前、単語登録の重要性に関する記事を2つ書いた。単語登録とは例えば「いあ」と打ち変換すれば、「いつもありがとうございます」と表示される機能で、タイピングスピードを速めることが出来るのだ。これは10個や20個やるというのではなく、数百個やることで驚異的に仕事が速くなり、またブラインドタッチからブラインド変換の境地に達することを説明した。リンクはこちら:

 そこで、自分が登録した単語登録に充分に慣れていれば、頭の中に単語登録がたたき込まれているはずだ。その略称・エイリアスの方をメモ書きでもガンガン使っていくと、メモ書きがさらに快適になる。例えば、パワーポイントを「ぱ」で登録していたら、「どうすればもっと(ぱ)のスキルを練習できるか?」というようにメモを書く。ただしそのまま使うと読みづらくなるので、「ぱ」は〇で囲むと良い。
 なぜそこまでするのか?と思われそうだが、実は日常的に私たちはコレに頼っている。「仮想現実」や「Internet of Things」は字数が多いので、「VR」「IoT」という2〜3文字で済ませる。環太平洋戦略的経済連携協定も大変なので、「TPP」となるわけだ。同じように、自分の人生・仕事にとってよく使う用語は独自に略称を開発しても良いのだが、実は単語登録をするときに開発しているので、それを使えば良い、という発想だ。

終わりに

 以上で、メモ書きを1分で書くためのコツを紹介してきた。メモ書きはどんなやり方でも効果があるので、色々なメモ書き本も存在する。しかしせっかくゼロ秒思考式のメモ書きを書いているのであれば、時間には徹底的に拘った方が良い。時間が制限されていることが最大の良さだと思っている。
 ただし、私自身が1分を達成できていないので、まだまだ工夫が足りないのかもしれない。1分を達成できているライフハッカーがいれば、是非そのコツを教えてもらいたい。