読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toricago

Toricago Lifehack Research

鬼速PDCAフェスティバルの開幕だぜ!

PDCA

 本日からついに、鬼速PDCAフェスティバルの開幕だ。

 フェスティバルの前に、『鬼速PDCA』について説明しよう。『鬼速PDCA』とはそろそろ10万部を突破するのではないかという勢いで売れている鬼ヒット本だ。最近はどこの本屋さんに行っても平積みになっていることが多いし、POP付きのところもある。タイトルの通り、ビジネスパーソンの必須スキルであるPDCAを、高速を超える鬼速レベルで回すための実践書である。「私も見たことがある!」「僕は買って読んでみたぜ!」と言う人も多いかもしれない。だが、こういった仕事術系の本の場合は、買って読むだけでは何も身につかない。当然のことであるが、いかに実践していくかがポイントになる。

 「よーし!ガンガンやるぜ!」と読了後は刺激されていても、仕事に忙殺されたりしているうちに、気付けば1週間、2週間、1ヶ月と過ぎ去っていく。そうすると、『鬼速PDCA』をやろうと思っていたことさえ忘れてしまう。むしろ忘れたほうが、挫折したことにならないので、その方が自己嫌悪に陥らないという意味で大変に好都合。そして、次のビジネス書を読み始め、また気合いを入れる。そして同じ失敗を毎回繰り返していく。

 忙しい中で時間をなんとか捻出して、せっかく実行したとしても、意外に難しくて挫折したり、結局あまり身につかないことも多い。頑張って2,3週間試してみたところで、実は「いよいよ身につくかも!」というところであるにもかかわらず、そこで力尽きてしまうことも多い。理由は色々あるが、やはりちゃんとした仕事術ほど、実践してみると地味であるということや、モチベーションを維持するのが難しいことなどがあげられるだろう。

 私も『鬼速PDCA』に集中すると何度もブログに宣言してきたが、実は何度かPDCAサイクルが崩壊したこともあるし、先日参加した著者の方による講演会では、自分がいかに『鬼速PDCA』に対する取り組みが足りていないかを実感した。

 私のライフハッカー仲間の中でも、『鬼速PDCA』に感激し、これを身につけていきたいと強く思っている人が多い。恐らく、他にも多くの方が日々『鬼速PDCA』を回す努力をされていることだろうと予想している。そして「一度読んでみたけどまだ実践していなかったな」という人や「少し実践したけど、止めてしまったな」という人もいるかもしれない。難しいところもあるし、モチベが続かない時もあるかもしれないし、挫折気味かもしれない。

 でもそういった弱気な気持ちを全てふっ飛ばし、少しでもその過程を前向きに楽しむために、今回は鬼速PDCAフェスティバルを2週間ほど、開催することにした。

 詳細は後述するが、要するに、『鬼P』を身につけて自分の人生のゴールを絶対達成してやると頑張っているライフハッカーが、祭り会場に集結し、屋台を楽しみ、メインステージで踊り狂い、お互いに高め合いながら2週間の毎日を過ごせば、めちゃめちゃ楽しく『鬼P』が身につくのではないか、というイベントだ。

 といっても、本とフェスティバルがどうやって結びつくのか。一体どういうフェスになるのだよ?詳細を見ていこう。

(念のため補足しておくと、これは私の趣味で企画したものであって、PR・広告記事ではない。単なる非公式なフェスティバルである。)

<今回の目次>

鬼フェス詳細

 鬼速PDCAフェスティバルは略して鬼フェスと呼ぶ。その場所は本ブログ。日程は今日から2週間。参加費はなんと無料!そして参加条件としては『鬼速PDCA』を読んでいること。できれば、このフェスティバルを利用して、小さいPDCAを立ててみてほしい。既にPDCAを立てている人は、その習慣化のために本イベントを上手く利用してほしい。そうすると一層、フェスが楽しくなるはずだ。

  • 場所:
    • toricago blog
  • 日時:
    • 2017年2月18日〜3月5日まで。毎日19時ごろに新しい屋台を一つ出店
    • →翻訳:毎日19時ごろに鬼速PDCA関連のブログ記事を1つ公開
  • 参加条件:
    • 鬼のお面を付けること
    • →翻訳:『鬼速PDCA』本を読んでいること
  • 参加費用:
    • 無料
  • 後援:
    • 次のライフハッカー仲間に協力頂きました。本当にありがとうございます!
      • nhpdcabqさん
      • khr-rhさん

鬼フェスで暴れる3つの方法

それでは、鬼フェスで暴れる3つの方法を紹介しよう。

鬼フェスで暴れる方法①:屋台を楽しむ

 鬼フェス期間中は、毎日新しい屋台(ブログ記事)が公開される。場所は私が運営しているtoricago blogにて行われる。他のライフハッカー・ブロガーにも出店頂くことになっているので、その場合は各々のブログやウェブサイトでの出店になる。この記事には屋台MAP(URLリスト)を載せておくので、このページをお気に入りやブックマークしておき、毎日開けば問題ない。

 色んな屋台に行ってみて、金魚すくいやりんご飴を楽しむように『鬼速PDCA』に関連する記事を読み、それを実践してみたり、自分のPDCAに活かせる部分があれば活かしてほしい。正式には明日から本祭が開始するが、今日は前夜祭として既に出店されている屋台を見てみることをお勧めする。それが終われば、日次で屋台が増えていくので、毎日そちらも楽しんでもらえたらと思う。自分以外の人がどのように『鬼速PDCA』を実践しているのかというケーススタディになると思うので、実際に『鬼速PDCA』に取り組んでいる人には面白い屋台が多いと思うぞ。

鬼フェスで暴れる方法②:鬼フェス・メインステージに参加する

 参加方法①としては屋台を楽しむ方法を紹介したが、方法②ではメインステージに登って踊り狂う方法を紹介しよう。

 これはハッシュタグ「#鬼フェス」を用いてツイッターで呟きを投稿するだけで、カンタンにメインステージに登れるのだ。つまり自由参加型のメインステージ。屋台(記事)の感想でも良いし、「自分はこんな風に鬼速でPDCAを回しているぜ!」という情報共有でも良い。お勧めは、他の祭り参加者に質問を投げかけることだ。「誰からも返信が来ないかもしれないし、いいや」と思う必要はない。少なくとも私は返信するので、安心して投稿してほしい。逆に言えば、他の参加者の質問に答えるのも自由だ。そうやってどんどんメインステージに人が登って、フィーバーしてほしい。

 質問は本当に自由。普段苦労している点、疑問に思っている点など。例えば「振り返りはPCで?紙で?」「同時に何個のPDCAを回している?」や、「職場でこの仕組みを取り入れるには何から始めれば良い?」のような硬いものから、「鬼Pをナンパに応用したら無双できるのでは?」のようなおちゃらけツイートでも良いし、「10万部も売れてしまったら『鬼速PDCA』はコモディティ化してしまうリスクはないのか?」のような深いものでも良い。

鬼フェスで暴れる方法③:屋台を自分で出店する

 屋台を楽しんで、メインステージで踊り狂えれば、それで充分楽しいかもしれない。が、『鬼速PDCA』を真剣に実施している人にとっては、きっとそれでは物足りないはずだ。

 是非、自分が実践しているPDCAについて、その内容やコツ、課題に思っていること、現時点で感じている成果などを記事としてまとめて、鬼フェスに出店してみてはいかがだろうか。ブロガーの方であればtoricago blogのために記事を書く必要はなく自分のブログに投稿すればよい。連絡をもらえれば出店一覧に紹介させていただくので、アクセスアップで貢献させてもらえると思う。

 ブログをやっていない人であれば、メール(toricagoblog at gmail dot com)で記事の文面を送ってもらえれば、このブログで記事を公開させて頂く。ただしその場合は、最低でも2000字を目安に執筆してみてほしい。今から書き始めれば鬼フェス期間中に記事をアップできると思う。既にライフハッカー仲間に聞いてみたら、何名かの方が出店してくれることになっている。ということで、そこの君も参戦してみないかい?

鬼フェス、屋台マップ大公開

 こちらが鬼フェスの全貌、屋台マップだ。前夜祭・本祭・後夜祭に分けてある。まずは前夜祭として5つの屋台があるので、そちらを楽しんでもらいたい。そして、明日からは本祭が始まる。リンクは日々張っていくので、このページをお気に入り・ブックマークしておくのがお勧めだ。 

本祭の屋台マップ

後夜祭の屋台マップ

終わりに

 ということで、明日から続々と出店していくぜ!祭りで踊り狂っているうちに『鬼速PDCA』が身につくなんて最高じゃないか。これを読んでいるそこの君、これは参加するしかないぜ!

広告を非表示にする